【第10回 緊急事態宣言からの脱出 restart】


様々な憶測と問題を残した新型コロナウイルス


日頃からダンスというものに関わりながらも、誰がこのような事態を想定できたであろうか。


こんな中、「金」の取引についての電話が掛かってくる。


「千載一遇のチャンスですよ。」


それが本当であろうがなかろうが、こんな時に!?



正直、ため息しか出ない。



みんながイライラしている中、外のクラクションの音さえもイラついて聞こえる。


そもそも、そんなチャンスがあるのならば、誰かこのコロナウィルス騒ぎを予見しておいてくれよ・・・とも思う。


ただ、経済学者も専門家も結局は預言者ではない。


そう考えると今の状況でどのように立ち回って行くか。。。


正直、わからない。



ただ、今回の事は一つの始まりであるような気がする。


また、この非常事態宣言ということがもたらした事は、はたまた悪い事ばかりだっただろうか。




久々に家族と遊ぶ時間が出来た。

書類の整理も出来た。

掃除ができた。

日頃、手が回らない事もやることが出来た。




だからこそ、今思う事は



「よし、これからだ!」



前を向くしかない。



会社があるのだから!

仲間がいるのだから!!

自分には守るべき家族がいるのだから!!!



まだまだ、先が見えない状況ではある。


でもこの非常事態宣言の中、改めて自分の手の中にあるモノがわかった。


1パーセントの可能性の中、100パーセントの精神でぶつかって行くつもりです。



ファイト!




masa.

masaharu imazu official web site

0コメント

  • 1000 / 1000